髪や頭皮のお悩み

頭皮のかゆみや乾燥に悩む人向け!シャンプー2選と洗い方のポイントを解説

更新日:


シャンプーしたのに頭がかゆい!という悩みを持っている方も多いと思います。

人前で頭を掻くのは不衛生に見えるし、人にも相談しにくいですよね。

ですが、早めに正しいケアをすれば、自力で周りにバレることなく、その悩みが解決できるかもしれません!

この記事でわかること

  • 頭がかゆくなる原因
  • シャンプーの正しい選び方とシャンプー
  • かゆみを引き起こさない正しい洗い方のポイント

>>いきなりランキングを見る

シャンプーしてもかゆい原因はシャンプーにあるかも


シャンプーして清潔にしたはずなのに頭がかゆいのは、使っているシャンプーが原因である場合が多いです。

洗浄力が強すぎて、頭皮が乾燥している

一番可能性が高く考えられる原因は、シャンプーの洗浄成分が強すぎて頭皮が乾燥してしまっていることです。

市販の安価なシャンプーは、洗浄力が強いものが多く使われています。

ですが、シリコンで手触りがよくなっていることで頭皮の乾燥まで気が付けないという場合も。

洗浄力が強すぎると、

  • 乾燥で頭皮がカサカサになりかゆみが起きる
  • 必要な皮脂を補うために過剰分泌することでかゆみが起きる

乾燥もベタつきも、どちらの原因にもなります。

整髪剤や汚れがしっかり落とせていない

市販シャンプーは石油系の界面活性剤を使用してるので泡立ちが良いのも特徴です。

洗えているような気になって、ササッと済ませてしまうという人も少なくはないのではないでしょうか。

整髪剤などをつけていると汚れは落としにくくなり、地肌に汚れが残った状態だとかゆみの原因になります。

シャンプーのすすぎ残し

しっかりすすがずに、シャンプーやトリートメント成分が地肌に付着して残ってしまうのもかゆみの原因になります。

とくに汚れを浮かせたシャンプーが地肌に残るのは、雑菌を繁殖させてしまう原因にも。

シャンプーの成分にアレルギー反応

今は、ボタニカル系などオーガニックな成分を配合したシャンプーも流行っていますよね。

もしかしたら、その中の成分のなにかにアレルギー反応を起こしてかゆみが出てしまっている可能性もあります。

オーガニックや天然由来成分は低刺激ですが、誰でも絶対使えるという訳ではないので、アレルギーをお持ちの方は事前に成分を確認することも必要です。

頭皮の乾燥状態が続くとフケや脂漏性皮膚炎や原因に・・・

シャンプーが原因で頭皮の付け根が脂漏性皮膚炎に
頭皮の乾燥状態が続くと、皮脂を補うために過剰分泌を引き起こす場合もあります。

乾燥や皮脂過多状態は、地肌のターンオーバーの自然なリズムが崩れ、フケを起こしてしまう原因に。

また、皮脂が多い状態は、雑菌が繁殖しやすく脂漏性皮膚炎の原因にもなり得ます。

フケや脂漏性皮膚炎がひどくなってしまっている場合は、皮膚科の薬で治療する必要があります。

ですが、まだかゆみだけの場合は、正しいシャンプーを選べば改善できる可能性もあります。

頭皮のかゆみ防止にはシャンプーの見直し


頭皮を乾燥させないシャンプーを選ぶポイントは「洗浄力成分の優しいものを使用する」ということです。

頭皮のかゆみをケアするためのシャンプーの選び方をご紹介します。

ハーブガーデンを使い始めてかゆみが落ち着いた
上の写真は、私がアミノ酸系のシャンプーに変えてから、フケやかゆみが落ち着いたビフォーアフターです。

ですが、長期の出張などで数日でも違うシャンプーを使うと、またかゆみがでてきてしまいます。

シャンプーの洗浄力がが原因なんだ、ということを自分でも実感しました(^^;

シャンプーの洗浄成分はアミノ酸系にする

肌に一番低刺激でマイルドな洗浄力の「アミノ酸系洗浄成分」のシャンプーを選びましょう。

必要な皮脂は落とさずに洗えるので、頭皮の皮脂バランスを改善することができます。

また、洗浄力が優しいので、2度洗いなど回数で洗浄力を調整することも可能です。

ノンシリコンやオーガニックがアミノ酸系なわけではないので注意

また、ここで注意したいのが「ノンシリコンシャンプー=アミノ酸系」「オーガニックシャンプー=アミノ酸系」というわけではないということです。

  • ノンシリコンシャンプーはシリコンが入っていないだけ
  • オーガニックシャンプーはオーガニック成分を1種類でも使っていれば
  • ボタニカルシャンプーはボタニカル成分を1種類でも使っていれば

無添加でアミノ酸系でなくても、上記に当てはまれば、ノンシリコンやオーガニック、ボタニカルを名乗ることができます。

必ず洗浄成分を確認しましょう。

アミノ酸系洗浄成分の成分表記

アミノ酸系洗浄成分の表示例

アミノ酸系洗浄成分の例

ココイルグルタミン酸,ココイルメチルアラニン,ココイルグリシン,ココアンホプロピオン酸

これらの成分が、成分表記の最初のほうに記載されているものは、低刺激で優しいアミノ酸系洗浄成分が使われているシャンプーです。

ひとつの洗浄成分だけでなく、いくつかの洗浄成分をブレンドして作られているので、成分表記の1~2行目をチェックしてみてください。

これが入っていたらNG!な成分

高級アルコール洗浄成分の表示例

高級アルコール系洗浄成分の例

ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム,オレフィンスルホン酸

これらの表記が最初の方にあるものは、高級アルコール系洗浄成分を使った刺激の強いシャンプーです。

水の次に記載があるのは絶対NGですが、2行目あたりにこっそり記載されている場合もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

頭皮のかゆみに悩んでいる人向けのシャンプーはこちら

「成分表記をチェックするのは面倒!」という方もいると思います。

なので、アミノ酸系洗浄成分が使われている、頭皮のかゆみ悩んでる人向けのシャンプーを2つご紹介します。

育毛成分も配合!男性にも向いている「haruシャンプー」

haru kurokamiスカルプシャンプー

haruの洗浄成分

ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルアラニンNa、ココイル加水分解コラーゲンK

きしみやすいと言われるノンシリコンシャンプーなのに、トリートメント不要。

それだけ、洗浄力がマイルドで保湿力のあるシャンプーなのが特徴です。

また、育毛、発毛効果のある成分の「キャピキシル」も含まれているため、男性の悩みにも向いています。

トリートメントなしで1ヶ月分が約1400円〜1800円で使えるので、コスパも良いのが嬉しいですね。

コンディショナーで地肌ケアできる「ハーブガーデン」

ハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンの洗浄成分

ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココアンホプロピオン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK

こちらもアミノ酸系洗浄成分が配合されているオーガニック系のノンシリコンシャンプー。

洗浄成分がアミノ酸系というだけでなく、高保湿成分も配合されているので、頭皮の乾燥や髪の毛のパサつきに悩んでいる方に向いています

コンディショナーも地肌の乾燥ケアに使える!


また、ハーブガーデンはコンディショナーもすごいんです!

地肌につけても大丈夫なので、頭皮の保湿剤としても活用できます。

私もハーブガーデンコンディショナーを小分けボトルにいれて使用していたんです(^^)

乾燥でかゆみが出てきたときに保湿用に使用したり、ドライヤー前など乾燥の予防に使用していました。

ただ、防腐剤も天然成分なので、小分けボトルには少なめに入れて数日で使い切らなければいけません。

ですが、色々買わずにコンディショナーがケア用品代わりになるのはコスパがいいし便利だと思います(^^)

頭皮の乾燥には、女性と男性は別のシャンプーを使ったほうがいい?


男性だと体質的に「皮脂量が多く、かゆみもある」という方もいると思います。

なので、洗浄力の弱いアミノ酸系のシャンプーだと、皮脂がしっかり落とせるのか心配という方もいるのではないでしょうか。

ですが、だからと言って皮脂量が多い男性が「ごっそり汚れを落とす系のシャンプー」を使うのは逆効果なんです。

皮脂の落としすぎ禁物!ベタつきの悪循環になります

「皮脂=汚れ」というイメージがありますが、皮脂は頭皮に必要なものです。

皮脂は、地肌を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑えるなどの役割があるため、必要な量が残っているのが健康的な状態となります。

なのに、ごっそり落とす系のシャンプーを使ってしまうと、皮脂をほぼ取り除いてしまうことに。

そして、皮脂を補おうと過剰分泌になってしまい、ベタつきが治らない悪循環になってしまいます。

皮脂が多い方、整髪料をつけてる方は洗い方を工夫して

皮脂量が多い場合、マイルドな洗浄力のアミノ酸シャンプーでは1度では皮脂を落としきれないかもしれません。

ですが、シャンプーの仕方を丁寧に行えば問題ないんです。

シャンプー前の湯洗いをしっかりすること

まずは、湯洗いをしっかりすることで、表面の汚れや整髪剤をしっかり落としましょう。

最初の湯洗いをしっかりやるだけでも、汚れの7割は落ちると言われています。

2度洗いで汚れを落とす

1回のシャンプーだと落としきれていないと感じる方は、シャンプーを2回する「2度洗い」をやってみましょう。

強いシャンプーで1度でごっそり全部取ってしまうのではなく、優しい洗浄力で2回に分けて必要な皮脂を残した方が調整しやすいのでおすすめ。

かゆみを防ぐシャンプーの仕方のポイント


シャンプーの選び方も大事ですが、洗い方を気をつけることでも頭皮を健康に保つことができます。

正しいシャンプーの洗い方や、シャンプーにまつわる気をつけるべきポイントをご紹介します。

正しい髪の洗い方

最初は少し面倒に感じるかもしれません。

ですが、シャンプーは毎日することなので、日々のシャンプーで健康な地肌を髪を作っていきましょう。

1.湯洗いはしっかりすること

上記でも書いていますが、湯洗いで汚れの7割は落とせます。

逆に考えると、湯洗いで7割の汚れを落とすから、低刺激で優しいシャンプーでも残りの2割を落とせれば十分ということなんですね。

また、水分を髪に含ませることで泡立ちもよくなりますし、水圧を当てることで頭皮の血行も良くなります。

2.しっかり泡立てて摩擦を減らす

市販の洗浄力が強いシャンプーだと、髪の毛につけてすぐに泡が立ち始めます。

ですが、アミノ酸系のシャンプーは天然成分で洗浄力がマイルドなので、比べると泡が立ちにくいです。

泡がないと、髪の毛や地肌に摩擦が起きて刺激になってしまうので、しっかり泡を作ってから洗いましょう。

シャンプーの泡立てのコツ

  1. シャンプー液をそのまま髪につけるのではなく、両手で伸ばしてから髪全体に伸ばす
  2. 頭皮に擦り付けるのではなく、髪の毛を使って空気を含ませながら泡立てる
  3. 泡だったら頭皮を揉み洗い

皮脂バランスが崩れてベタついている方や、シリコンの付着が多い方は、アミノ酸シャンプーだと最初は泡立ちにくいかもしれません。

楽々泡立てアイテム「ほいっぷるん」


そこで便利アイテムとして紹介したいのが、百均で手に入る「ほいっぷるん」です。

液をいれてプッシュするだけで簡単にもっちりモコモコの泡が作れます。

髪の状態が変化するまでは、ほいっぷるんを使って泡立ててから洗うという方法も効果的です。

3.爪を立てない。指の腹で優しく

地肌を洗うときは、爪を立てずに指の腹で優しく押すようにしてもみ洗いをしましょう。

爪を立てると頭皮に傷がつき、これもかゆみの原因になります。

4.最後のすすぎもしっかり

最初の湯洗いも大事ですが、シャンプーをすすぐのもしっかり行いましょう。

汚れを浮かせたシャンプーが残ってしまうと、かゆみや抜け毛、匂いの原因になってしまいます。

絡ませないように髪の毛の流れに沿って、しっかりと時間をかけてすすぎましょう。

すすぎ時短アイテムの「シャワーヘッド」

湯洗いやすすぎにそんなに時間をかけてられないという方は、水圧の調整ができるシャワーヘッドを使ってみるのも時短になり効果的です。

特に、一人暮らしのアパートなどのシャワーは水圧が弱いです。

なので、しっかり落としたくても「時間がかかってしょうがない」という状態では毎日続けるのは大変になってきますよね。

ですが、最初の予洗いや最後のすすぎはやっぱり頭皮や髪の健康に影響が大きくでますし、しっかりやるだけで変わります。

ここで怠って、将来、育毛剤などのヘアケア剤にお金をかけることになるよりも、シャワーヘッドは一度買ったら何年も使えるし、引っ越しても使えるのでコスパがいいのではないでしょうか。

 

イチオシは出力ボタン付きで簡単、節水機能付き、水圧調整付きのこちらのタイプです。

ご自分の予算に合ったものを探してみるのもいいかもしれませんね。

朝シャンはしない


朝シャンをする習慣になっている方も少なくはないと思いますが、なるべくならシャンプーは夜1回で済ませましょう。

朝シャンNGの理由は?

  • 夜に汚れを落とさないのは、頭皮の臭いや雑菌繁殖の原因に
  • 朝も夜も2回洗うのは落としすぎだし、コスパ悪い

夜も洗って、朝もシャワーを浴びる習慣がある方は、シャンプーを使わずに湯シャンだけでOKです。

パサつきやきしみが気になる場合は、トリートメントを毛先に少しつけるなどで解消できます。

【シャンプーのかゆみの原因と対処法】まとめ

まず見直すべき2つのこと

  • 使っているシャンプーの見直し
  • 正しい洗い方ができているか見直し

シャンプーしてもかゆい!外で頭を掻くのが恥ずかしい!という悩みのある方は、まずはこの2つを見直してみましょう。

シャンプーは、ほぼ毎日365日使うものです。毎日の積み重ねが地肌に大きく影響を与えます。

毎日体に使うものだからこそ、良い物を選んで正しく使い、頭皮や髪の毛の健康を保っていきましょう。

-髪や頭皮のお悩み

Copyright© ノンシリコンシャンプー おすすめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.