髪や頭皮のお悩み

【頭皮の乾燥やかゆみに】乾燥対策におすすめシャンプー3選とケア方法を解説

更新日:

「頭皮が乾燥してかゆい」「シャンプーしたのに頭がかゆい」という悩みを持っている方も多いと思います。

人前で頭を掻くのは不衛生に見えるし、人にも相談しにくいですよね。

頭皮のかゆみの原因は、毎日使っているシャンプーにあるかもしれません。

この記事では、頭皮の乾燥やかゆみにおすすめのシャンプーや選び方を紹介していきます。

>>早速おすすめランキングを見る

頭皮の乾燥やかゆみは毎日使っているシャンプーが原因かも

シャンプーして清潔にしたはずなのに頭がかゆい、頭皮の乾燥は使っているシャンプーが原因である場合が多いです。

シャンプーはほとんど毎日するものなので、頭皮に大きく影響を与えています。

洗浄力が強すぎて頭皮が乾燥している

一番可能性が高く考えられる原因は、シャンプーの洗浄成分が強すぎて頭皮が乾燥してしまっていることです。

市販の安価なシャンプーは、洗浄力が強いものが多く使われています。

乾燥による皮脂不足で過剰分泌する場合もあり、ベタつきの原因になっている場合もあります。

整髪剤や皮脂汚れをしっかり落とせていない

市販シャンプーは石油系の界面活性剤を使用してるので泡立ちが良いのも特徴です。

洗えているような気になって、ササッと済ませてしまうという人も少なくはないのではないでしょうか。

整髪剤などをつけていると汚れは落としにくくなり、地肌に汚れが残った状態だとかゆみの原因になります。

シャンプーのすすぎ残しがある

しっかりすすがずに、シャンプーやトリートメント成分が地肌に付着して残ってしまうのもかゆみの原因になります。

とくに汚れを浮かせたシャンプーが地肌に残るのは、雑菌を繁殖させてしまう原因にも。

シャンプーの成分にアレルギー反応を起こしている

今は、ボタニカル系などオーガニックな成分を配合したシャンプーも流行っていますよね。

もしかしたら、その中の成分のなにかにアレルギー反応を起こしてかゆみが出てしまっている可能性もあります。

オーガニックや天然由来成分は低刺激ですが、誰でも絶対使えるという訳ではないので、アレルギーをお持ちの方は事前に成分を確認することも必要です。

頭皮の乾燥対策やかゆみにはシャンプーの見直しを!選び方の3ポイント

ハーブガーデンを使い始めてかゆみが落ち着いた

上の写真は、私がシャンプーを見直してから、乾燥やかゆみが落ち着いたビフォーアフターです。

頭皮の乾燥やかゆみにシャンプーが影響しているということを自分でも実感しました(^^;

私の経験を踏まえて、頭皮のかゆみをケアするためのシャンプーの選び方の3ポイントをご紹介します。

選び方3ポイント

  1. アミノ酸系シャンプーを選ぶ
  2. 保湿力が高いシャンプーを選ぶ
  3. オーガニックやノンシリコンという言葉に惑わされない

1、石油系・アルコール系はNG!アミノ酸系の洗浄成分のシャンプーを選ぶ

肌に一番低刺激でマイルドな洗浄力の「アミノ酸系洗浄成分」のシャンプーを選びましょう。

必要な皮脂は落とさずに洗えるので、頭皮の皮脂バランスを改善することができます。

また、洗浄力が優しいので、2度洗いなど回数で洗浄力を調整することも可能です。

アミノ酸系洗浄成分の成分表記の例

アミノ酸系洗浄成分の表記

アミノ酸系洗浄成分の例

ココイルグルタミン酸,ココイルメチルアラニン,ココイルグリシン,ココアンホプロピオン酸

これらの成分が、成分表記の最初のほうに記載されているものは、低刺激で優しいアミノ酸系洗浄成分が使われているシャンプーです。

ひとつの洗浄成分だけでなく、いくつかの洗浄成分をブレンドして作られているので、成分表記の1~2行目をチェックしてみてください。

これが入っていたらNG!な硫酸系洗浄成分

高級アルコール系洗浄成分の例

ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム,オレフィンスルホン酸

これらの表記が最初の方にあるものは、高級アルコール系洗浄成分を使った刺激の強いシャンプーです。

水の次に記載があるのは絶対NGですが、2行目あたりにこっそり記載されている場合もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

2、保湿力の高いシャンプーを選ぶ

頭皮も肌と同じなので、乾燥していたら保湿をしてあげる必要があります。

ヒアルロン酸やグリセリン、植物オイルなどの保湿成分が配合されているものを選びましょう。

3、オーガニックやノンシリコンという言葉に惑わされない

オーガニックやノンシリコンのシャンプーは一見、髪や頭皮に優しそうな印象を受けますが、シャンプーにとって一番大事なのは洗浄成分です。

オーガニックやノンシリコンであることが良いシャンプーの条件ではないため、必ず洗浄成分や保湿成分を確認しましょう。

ここからは実際に使って乾燥対策に効果的だったシャンプーを紹介します♪

頭皮の乾燥・かゆみ対策におすすめのシャンプー3選

(更新日:2019年5月9日)

リンス不要なのに高保湿の「haru kurokami スカルプ」

haruシャンプー

haruシャンプーは、リンスが不要なほど保湿力の高いオールインワンシャンプーです。

メインの洗浄成分の「ココイルグルタミン酸TEA」は洗浄成分でありながら保湿力も補修力もある優れた成分。

シャンプーだけで時短ケアできるのも、忙しい女性には嬉しいですね。

おすすめポイント

  • 時短シャンプーで忙しい女性に人気
  • いつでも解約OKで気軽に試せる
  • リフレッシュシャンプーブラシ付き
価格 2880円
定期コース 初回で解約OK
おすすめ成分 ハリコシアップ、頭皮ケア、育毛、発毛
返金保証 あり(30日間の全額返金保証)

↑保湿力の高い洗浄成分↑

 

スッキリ洗ってしっかり保湿できる「ハーブガーデン」

ハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンシャンプーは、保湿力、保水力が抜群のシャンプー&コンディショナーです。

アミノ酸系シャンプーの中では洗浄力が高くスッキリ洗えますが、地肌につけてもOKな高保湿のコンディショナーで頭皮や髪の乾燥も防ぐことができます。

定期縛りなしの初回半額&全額返金保証付で気軽にお試しすることができちゃいます。

おすすめポイント

  • 頭皮も保湿できるコンディショナー
  • いつでも解約OKで気軽に試せる
  • 全額返金保証付きだから安心
価格 4000円
定期コース 初回で解約OK
おすすめ成分 保湿、頭皮ケア、ハリコシアップ
返金保証 あり(15日間全顔返金保証)

↑しっとり感NO.1↑

 

自分の頭皮環境に合わせてカスタマイズできる「MEDULLA」

メデュラシャンプー

自分の頭皮環境や髪の悩み、なりたい髪にあわせて、自分専用にカスタマイズしてくれるオーダーメイドシャンプーです。

洗浄成分はすべて、地肌に優しいアミノ酸系から組み合わせてくれるので、低刺激で安心して使えます。

スマホで簡単に無料診断ができるので、気軽にカスタマイズを体験できると話題沸騰中です。

おすすめポイント

  • 自分の頭皮や髪に合わせた手作りシャンプー
  • いつでも解約OKで気軽に試せる
  • スマホで無料診断もOK
価格 4880円
定期コース 初回で解約OK
おすすめ成分 自分専用にカスタマイズ
返金保証 あり(14日全額返金保証)

↑無料診断もできる↑

 

 

おすすめNo1のharuシャンプーはリンス不要なほど保湿力抜群!

haruシャンプー

haruシャンプーはリンス不要のオールインワンシャンプーです。

つまり、リンスがなくても大丈夫なくらい保湿力が高くてしっとりした仕上がりになるということ!

haruシャンプーのテクスチャーと泡立ち

洗浄力成分のココイルグルタミン酸TEAは、洗いながら保湿も補修もしてくれる優秀な成分なんです♪

必要な皮脂や油分を残して洗えるので、頭皮の皮脂バランスが整い、乾燥やかゆみを防いでくれますよ。

\ずっと20%OFF&全額返金保証付/

haruの公式サイト

※乾燥対策で人気のシャンプー

 

頭皮の乾燥には、女性と男性は別のシャンプーを使ったほうがいい?

男性だと乾燥&かゆみではなく「皮脂量が多く、かゆみもある」という方もいると思います。

なので、洗浄力の弱いアミノ酸系のシャンプーだと、皮脂がしっかり落とせるのか心配という方もいるのではないでしょうか。

ですが、だからと言って皮脂量が多い男性が「ごっそり汚れを落とす系のシャンプー」を使うのは逆効果なんです。

皮脂の落としすぎは厳禁!ベタつきの悪循環になることも

「皮脂=汚れ」というイメージがありますが、皮脂は頭皮に必要なものです。

皮脂は、地肌を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑えるなどの役割があるため、必要な皮脂量が残っているのが健康的な状態となります。

なのに、ごっそり落とす系のシャンプーを使ってしまうと、皮脂をほぼ取り除いてしまうことに。

そして、皮脂を補おうと過剰分泌になってしまい、ベタつきが治らない悪循環になってしまいます。

皮脂が多い方、整髪料をつけてる方は洗い方を工夫して

皮脂量が多い場合、マイルドな洗浄力のアミノ酸シャンプーでは1度では皮脂を落としきれないかもしれません。

ですが、シャンプーの仕方を丁寧に行えば問題ないんです。

シャンプー前の湯洗いをしっかりすること

まずは、湯洗いをしっかりすることで、表面の汚れや整髪剤をしっかり落としましょう。

最初の湯洗いだけでも、汚れの7割は落ちると言われています。

2度洗いで汚れを落とす

1回のシャンプーだと落としきれていないと感じる方は、シャンプーを2回する「2度洗い」をやってみましょう。

強いシャンプーで1度でごっそり全部取ってしまうのではなく、優しい洗浄力で2回に分けて必要な皮脂を残した方が調整しやすいのでおすすめです。

頭皮の乾燥やかゆみを予防するシャンプーの洗い方【6ポイント】

シャンプーの選び方も大事ですが、洗い方を気をつけることでも頭皮を健康に保つことができます。

最初は少し面倒に感じるかもしれませんが、シャンプーは毎日することなので、日々のシャンプーで健康な地肌を髪を作っていきましょう。

入浴前にブラッシングで汚れを浮かせる

できれば、入浴前の乾いた髪にブラッシングをしましょう。

汚れや不要な皮脂を浮かせて落としやすくできます。

お湯の温度は40℃以下で、予洗いをしっかりする

お湯の温度が高いと皮脂を落としすぎる原因になってしまうので、40℃以下にしましょう。

また、髪を濡らすだけではなくしっかりとお湯ですすいで予洗いをします。

いきなり地肌にシャンプーをつけない!しっかり泡立てて摩擦を減らす

いきなり地肌にシャンプーをつけるのは頭皮に負担がかかります。

まずは髪の毛につけて、泡を立ててから頭皮を洗いましょう。

爪は立てない!頭皮を指の腹でマッサージするように優しく

爪で頭皮を傷つけるとかゆみの原因になります。

指の腹で優しくマッサージするようにもみ洗いをしましょう。

最後のすすぎもしっかり

汚れを浮かしたシャンプーが頭皮に残ると、かゆみの原因になります。

アミノ酸シャンプーは地肌になじみやすいので、頭皮までしっかりすすいで流しましょう。

優しくタオルドライ後、ドライヤーで乾かす

シャンプー後は、優しくタオルドライをしてドライヤーで乾かします。

濡れたまま放置すると雑菌が繁殖しやすく、乾燥の原因にもなります。

頭皮の乾燥対策に気をつけるべき生活習慣

シャンプーの洗い方以外にも、頭皮の乾燥やかゆみ対策にできることはあります。

朝シャンはしない

  • 朝も夜も2回シャンプーをするのは洗いすぎ
  • 夜に汚れを落とさずに寝るのは雑菌が繁殖しやすくなる原因に

シャンプーはなるべく、夜寝る前に1回で済ませましょう。

朝もシャワーを浴びる習慣がある方は、シャンプーを使わずに湯シャンだけでOKです。

パサつきやきしみが気になる場合は、トリートメントを毛先に少しつけるなどで解消できます。

ドライヤーは10cm以上離して、同じところに当てない

  • 髪だけでなく頭皮も熱で乾燥する
  • 冷風と温風を交互に使うとかゆみが起きにくい

ドライヤーの熱も頭皮の乾燥の原因になります。

10cm以上離したところで、1箇所に2秒以上当たらないように動かしながら使いましょう。

冷風も交互に使いながら乾かすと、かゆみを抑えることができます。

紫外線やエアコンに気をつける

  • エアコンの風が直接当たらないようにする
  • 帽子などで紫外線が当たらないようにする

お肌と同じで、紫外線やエアコンも頭皮の乾燥の原因になるので、気をつけましょう。

髪や頭皮に使えるスプレータイプの日焼け止めもおすすめです。

シャンプー以外の頭皮の乾燥対策できるアイテム

シャンプー以外で頭皮の乾燥やかゆみ対策に役立つアイテムも紹介します。

シャワーヘッド

  • 予洗いが時短できる&しっかり洗える
  • 水圧を調整して頭皮へのダメージを軽減できる

水圧が弱すぎると、予洗いに時間がかかって洗いにくいですし、反対に1箇所に強く当たるシャワーは頭皮に負担がかかります。

水圧を調整することで、頭皮に優しく楽にシャンプーができるようになりますよ。

一度購入すると何年も使えるので、コスパも高いです。

市販の頭皮保湿ローションや頭皮用オイル

かゆみや乾燥がひどい場合は、市販の頭皮保湿ローションやオイルを使うのもおすすめです。

オイルだ保湿力は高いですがベタつきやすいので、初めて使う方はローションの方が使いやすいかもしれません。

楽々泡立てできるほいっぷるん

100均のほいっぷるんは、液体を入れてプッシュするだけでもっちり泡が作れます。

アミノ酸シャンプーは、アルコール系シャンプーに比べると天然成分なので泡がへたりやすく立ちにくいです。

しっかり予洗いをして髪に水分を含ませれば問題ありませんが、皮脂バランスなどで使い始めはなかなか泡立ちがうまくできない場合は、最初だけ使ってみるのもおすすめです。

頭皮の乾燥状態が続くと、フケや脂漏性皮膚炎の原因に・・・

シャンプーが原因で頭皮の付け根が脂漏性皮膚炎に

お肌と同じで、頭皮の乾燥も放っておくと、重度な皮膚トラブルの原因になることも。

フケや脂漏性皮膚炎など治りにくい皮膚トラブルを起こす前に、早めにシャンプーを見直しましょう

頭皮が乾燥して大きいフケがでるのはターンオーバーが乱れている証拠

お肌と同じで頭皮もターンオーバーをして、古くなった角質を落とします。

健康な頭皮だと目に見えないサイズの垢で徐々に落ちますが、乾燥など頭皮トラブルでターンオーバーのリズムが崩れると、目に見えるサイズでごっそりと落ちてしまいます。

大きいフケがでるのは、頭皮のターンオーバーが乱れている証拠です。

乾燥から脂漏性皮膚炎になることも

頭皮の乾燥状態が続くと、皮脂を補うために過剰分泌を引き起こす場合もあります。

皮脂が多い状態は、雑菌が繁殖しやすく脂漏性皮膚炎の原因にもなり得ます。

フケや脂漏性皮膚炎がひどい時は皮膚科で薬を処方してもらおう

フケや脂漏性皮膚炎、かゆみがひどくなってしまっている場合は、皮膚科の薬で治療する必要があります。

シャンプーはあくまでも洗うためのものなので、シャンプーだけで症状を治すことはできません。

早めに皮膚科で相談しましょう。

市販の薬用シャンプーは乾燥やかゆみに効果ある?

薬用シャンプーには、抗菌作用や抗炎症作用の有効成分が含まれています。

なので、常在菌のバランスが崩れてかゆみや炎症が軽度に起きている頭皮には合いますが、「乾燥しているだけ」「ちょっとかゆい程度」で使い続けると、常在菌を減らしてしまい皮膚トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

また、重度に症状が出ている場合も、シャンプーだけでは改善が難しいので、皮膚科で相談するのがおすすめです。

【頭皮の乾燥やかゆみ対策のシャンプー】まとめ

ドラッグストアのノンシリコンシャンプー売り場

頭皮の乾燥は、洗浄力が強いシャンプーでの落としすぎが原因の場合が多いです。

まずは自分の使っているシャンプーを見直してみましょう。

ランキング1位で紹介した「ハーブガーデンシャンプー」は、シャンプーのアミノ酸系洗浄力で優しくスッキリ洗え、コンディショナーは頭皮の保湿剤にもなります。

乾燥をケアしながら頭皮環境を整えたい方におすすめです。

シャンプーは365日ほとんど毎日使うものなので、正しく選んで健康な頭皮を保っていきましょう。

>>もう一度おすすめ3選を見る

-髪や頭皮のお悩み

Copyright© ノンシリコンシャンプー おすすめ , 2019 All Rights Reserved.