シャンプー情報

ノンシリコンシャンプーできしむ、髪が絡まる原因は?

更新日:

ノンシリコンシャンプーで髪の毛がきしむ原因は?

ノンシリコンシャンプーを使ってみたいけど「きしむ」という噂を聞いて迷っている方もいるのではないでしょうか。

わたしも、昔ノンシリコンシャンプーを使って髪の毛がギシギシになってしまった経験あります(^^;

でも、反対にノンシリコンシャンプーで髪の毛が綺麗になったという口コミも見かけるので「どっちが事実なの?」と疑問でした。

この記事では、

  • ノンシリコンシャンプーがきしむ原因
  • きしまないノンシリコンシャンプーとは?
  • ノンシリコンが合わない髪質

について解説しています。

ノンシリコンだときしむ、髪が絡まるって本当?

ノンシリコンシャンプーできしみを感じるのは、「ノンシリコンだから」ということだけが原因ではありません。

なので、

  • ノンシリコン=きしむ
  • シリコン=きしまない

ということではないんですね。

きしみを感じるのは界面活性剤の強さのせい

シャンプーしてきしみを感じるのは、ノンシリコンだからではなく、シャンプーの洗浄力成分が強すぎることが原因です。

市販の手頃な値段のシャンプーの多くは、安価な高級アルコール系洗浄成分が使用されています。

高級アルコール系洗浄成分は脱脂力が強いので、汚れと一緒に頭皮の皮脂や髪の毛の油分まで落としてしまいます。

油分がなくなることで、髪の毛がキシキシしてしまうんです。

シリコンを入れることできしみを軽減している

ほとんどのシャンプーは、洗浄力のせいで起こるきしみを軽減させるために、シリコンが配合されています。

なので、シリコンの手触りできしみもなくサラサラになっているように感じても、実際は髪の毛の油分や頭皮の皮脂はなくなっている状態になっているということなんですね。

つまり、洗浄力が強い+ノンシリコンだとキシキシになる

「洗浄力の強さ=きしみ」をシリコンでカバーしているということなので、「洗浄力が強い+ノンシリコン」だと、髪の毛がキシキシになってしまうのは当然のことです。

しかし、残念ながら市販のノンシリコンシャンプーは、価格を抑えるために、安価な高級アルコール洗浄成分を使ったままシリコンだけを抜いているシャンプーもあります。

そんなノンシリコンシャンプーを使った人が「ノンシリコンシャンプーはきしむ」と思ってしまうのは当たり前ですよね。

また、市販のノンシリコンシャンプーは、リンスにはシリコンが配合されているものがほとんどです。

「ノンシリコンなのにきしまない」というものは、シャンプーではなくリンスのシリコンできしみを感じさせない工夫がされています。

洗浄力がマイルドなら、そもそもシリコンは不要

アミノ酸系洗浄成分の表記

きしむ原因は、シリコンの有無ではなく洗浄力の強さということは、反対に考えれば、洗浄力がマイルドならそもそもシリコンは不要ということ。

元々の髪の毛本来の油分や、頭皮の必要な皮脂量をキープできる優しい洗浄力なら、シリコンがなくてもきしまないということなんです。

アミノ酸系を選べばOK

シャンプーの洗浄力の中で、一番低刺激でマイルドに洗えるのは「アミノ酸系」の洗浄成分です。

必要な頭皮や髪の毛の油分を残して洗えるので、ノンシリコンでも髪の毛もきしまず、乾燥も防ぐことができます。

また、洗浄力自体に保湿力や補修力のあるアミノ酸系シャンプーを選べると、シャンプーだけでも髪の毛がしっとりサラサラに仕上がります。

質の高いシャンプーはシリコンがいらないからノンシリコン

「ノンシリコンが髪にいい」というイメージが広まっているので、質の高いアミノ酸系シャンプーも「ノンシリコン」ということをウリにして紹介されています。

ですが、「ノンシリコンだから良い」ということではなく、

  • マイルドなアミノ酸系洗浄成分
  • 保湿力、保水力のある成分
  • 補修力のある成分

などで構成されているので「シリコンが必要ないからノンシリコンシャンプー」ということなんですね。

「ノンシリコンか」より「どんなアミノ酸系洗浄成分か」で選ぶと◎

本当に良いノンシリコンシャンプーを使いたければシリコンが不要な成分で作られているシャンプーを選ぶと良いということです。

なので、選び方のポイントは「ノンシリコンかどうか」ということをメインで選ぶよりも、洗浄成分をチェックして「どんなアミノ酸系シャンプーか」ということで選ぶようにしましょう。

「良いアミノ酸系シャンプー」を選べば、自然と「良いノンシリコンシャンプー」を選んでいることになります。

ノンシリコンが向かない髪質もあるので注意

「髪の毛の保水力や油分があるのに、シャンプーの洗浄力が強いせいで乾燥してしまっている」という髪の方は、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使うことで、自然で健康な美しさの髪に変わっていくことが期待できます。

ですが、「カラーやブリーチなどでひどいダメージヘア(水分や油分がそもそもない状態)」だと、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーでもきしみを感じてしまいます。

また、摩擦や髪の毛が絡んで切れ毛や抜け毛などダメージの原因になってしまう場合も。

そういう方は、まずはシリコンシャンプーで摩擦やきしみを軽減しながら、髪の毛のダメージケアをしたほうが効果的です。

まとめ

「ノンシリコンシャンプーがきしむ」のではなく「洗浄力の強いノンシリコンシャンプー」を使うことできしんでしまうということでした。

洗浄力のマイルドなアミノ酸系シャンプーを選ぶことで、きしまないノンシリコンシャンプーを選ぶことができます。

こちらの記事では、きしまないアミノ酸系ノンシリコンシャンプーを厳選して紹介しています。

月1500〜2000円くらいで使えるコスパの良いアミノ酸系ノンシリコンシャンプーもありますよ(^^)

きしまないノンシリコンシャンプーをお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

-シャンプー情報

Copyright© ノンシリコンシャンプー おすすめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.