シャンプー情報

ノンシリコンシャンプー メリットとデメリットと効果

更新日:

「シリコンは毛穴に詰まるからノンシリコンが良いらしい」

そんな情報でノンシリコンシャンプーを選んだという方も多いのではないでしょうか。

ですが、実際はシリコンが毛穴に詰まるというのは誤解で、間違ったイメージが広がっています。

シリコンもデメリットだけでなくメリットがあるし、ノンシリコンシャンプーにもメリットとデメリットがあります。

この記事では、ノンシリコンシャンプーのメリットやデメリットやノンシリコンシャンプーの効果についてまとめてみました。

ノンシリコンシャンプーの欠点は?

使い始めは手触りが悪くなることも

シリコンシャンプーの手触りに慣れていると、ノンシリコンシャンプーに切り替えた時に手触りが悪く感じてしまう場合があります。

手触りが悪くなると「ノンシリコンシャンプーで髪が傷んだのでは?」と感じてしまいますよね。

ですが、残念ながらその手触りは、シリコンの下に隠れていた本当の髪の毛の手触りです。

ノンシリコンにすることで、素の髪の毛の状態がむき出しになるということですね。

洗浄成分も見て選ばないと髪がギシギシに

ノンシリコンシャンプーは安価なものからサロン品質の価格の高いものまで色々あります。

その中でも、洗浄成分が強いノンシリコンシャンプーを選ぶと、頭皮も髪も油分をごっそり持っていかれてしまいます。

シリコンシャンプーは洗浄力が強くてもシリコンの手触りで摩擦感やきしみは軽減できますが、ノンシリコンだと摩擦感やきしみがモロにダメージになります。

ノンシリコンシャンプーを選ぶときは、ノンシリコンというだけでなく、洗浄成分も合わせてチェックする必要があります。

カラーが落ちやすい

シリコンは、手触りをよくするだけでなく、髪の毛の表面に膜を張って保護する役割もあります。

ノンシリコンシャンプーだと、カラーした後の髪が、シリコンの保護なしでむき出しの状態になっているため、カラーが落ちやすいというデメリットがあります。

ノンシリコンシャンプーの利点は?

髪の毛がふわっとする

シリコンが髪の毛に付着すると、まとまりやすくなりますが、ペタッとボリュームダウンしてしまいがち。

ノンシリコンシャンプーだと、シリコンの重さがないので、ふんわりとボリューム感がでる仕上がりになります。

髪の毛が軽い仕上がりに

シリコンが髪に付着すると、ツヤ感がでたり手触りがよくなりますが、しっとりとして重たい感じになります。

悪く言えば、流している途中の、ぬるぬる切れの悪い感じはシリコンの手触りなんですね。

ノンシリコンシャンプーだと、ぬるつきも感じにくく、洗い上がりも軽くてサラサラな仕上がりになります。

頭皮トラブルや肌荒れを起こしにくい

シリコンが毛穴に詰まるということはありませんが、髪に付着するように、しっかり流さないと肌にも付着します。

頭皮ニキビだけでなく、髪の毛の生え際や、背中のニキビなどは、シャンプーの時に肌に残ってしまったシリコンが原因の場合も。

ノンシリコンなら、肌に付着するものがないので、頭皮や肌のトラブルを起こしにくくなります。

ノンシリコンシャンプーの効果は?

ノンシリコンは頭皮のかゆみにはいいの?

「シリコンは頭皮の毛穴に詰まるから良くない」というのを聞いたことがある方も多いと思いますが、これは誤解です。

シリコンは調理器具や医療器具に使われるくらい安全性の高い成分ですし、粒子も細かいので毛穴に詰まるということはありません。

なので「シリコンシャンプーではなくノンシリコンシャンプーを使うから、かゆみが改善される」というのも間違いです。

市販のシリコンシャンプーで頭皮にかゆみがでるのは、一概にシリコンのせいではありません。

シリコンシャンプーで頭皮がかゆくなる原因は?

シリコンのアレルギーという場合を除いて、シリコンシャンプーで頭皮が痒くなる原因は「乾燥」にあります。

安価な市販シャンプーの多くは、洗浄力が強くシリコンで手触りを良くしているシャンプーがほとんどです。

そのシリコンシャンプーを使い続けることで、頭皮や髪の毛の乾燥に気がつきにくくなり、かゆみなど頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。

なので、ノンシリコンにしたからかゆみが改善されるというわけではありません。

洗浄力成分が優しいノンシリコンシャンプーを選んで使うことで、必要な皮脂を残して乾燥を防ぎ、かゆみの改善につながります。

ノンシリコンは頭皮のベタつきにはいいの?

女性より男性のほうが皮脂分泌が活発だったり、性別に限らず、体質によって皮脂量が多い方もいます。

ですが、頭皮のべたつきに悩む方の多くは、シャンプーでの皮脂の落としすぎが原因の場合が多いです。

こちらも「頭皮のかゆみ」と同じで、「シリコンが毛穴に詰まるから」などといったことが原因ではありません。

シャンプーしているのにべたつく人は落としすぎが原因

シャンプーを数日しなければ当然皮脂がたまってベタつきがでますが、毎日シャンプーしているのにも関わらずベタつくという方は、皮脂の落としすぎが原因の可能性が高いです。

シリコン+強力な洗浄成分のシャンプーを使うことで、落としすぎてしまった皮脂を補うために、皮脂分泌が過剰になってしまうことでベタつきを引き起こしている場合があります。

かゆみと同じく、アミノ酸系洗浄成分のノンシリコンシャンプーを使うことで、必要な皮脂を残して頭皮の皮脂バランスを改善することができます。

べたつきによるボリュームダウンもノンシリコンで解消

また頭皮がべたつくと全体的に髪の毛ががペタッとしますが、さらにシリコンが付着することによって髪の毛が重たくなり、ボリュームダウンの原因にもつながります。

ノンシリコンシャンプーはシリコンが髪の毛に付着しない分、軽い洗い上がりになるので、髪の毛がふんわりボリュームアップしやすくなります。

髪の毛の量が少ない、髪が細くてボリュームに悩んでいる方にもノンシリコンシャンプーは向いています。

ノンシリコンシャンプーでダメージ補修はできる?


「シリコンよりもノンシリコンのほうが髪の毛へのダメージが少なそう」というイメージを持たれていますが、シリコンは髪にダメージを与える成分ではないため、ノンシリコンシャンプーにしたからといって髪の毛のダメージケアができるというわけではありません。

ただ、表面をコーティングするシリコンシャンプーに対して、ノンシリコンシャンプーは髪の毛が素の状態になるため、髪の毛のダメージの状態に気がつきやすくなります。

自分の髪の毛の状態に気がつきケアをすることができるというのはノンシリコンシャンプーのメリットのひとつです。

髪の毛のダメージケアをするには、シリコンの有無ではなく毛髪補修成分が配合されているかがポイントです。

また、地肌に優しい低刺激なシリコンシャンプーで頭皮環境が良くなることも、健康な髪の毛を育てることにつながります。

ノンシリコンシャンプーはアレルギーでも使える?


アレルギー持ちの方でも、すべてをアレルギーを起こさずに使えるというわけではありません。

シャンプーはいろいろな成分が配合されてできています。

シリコンがアレルギーの原因という方はノンシリコンシャンプーで解決できるかもしれませんが、植物エキスなど天然成分でアレルギーを起こしているなどの可能性もあるため、一概にノンシリコンシャンプーなら大丈夫と判断してしまうのは危険です。

ノンシリコンシャンプー+シリコントリートメントは効果なし!

市販に多い「ノンシリコンシャンプー+シリコントリートメント(リンス)」という組み合わせ。

よく口コミでも「シャンプーはきしんだけどリンスしたら手触りが良くなった」と見かけるので、勘違いしている方も多いようです。

特に、質の悪いものだと「脱脂力の強い成分のノンシリコンシャンプー+シリコン入りのコンディショナー」という組み合わせも多いです。

これは、結局シリコンを使ってしまっているので、ノンシリコンの効果を実感したいなら意味がありません。

また、洗浄力も刺激も強いシャンプーを使っているので、ダメージの原因にもなります。

このようなシャンプー&リンスは選ばないようにしましょう。

まとめ

ノンシリコンシャンプーの効果をお伝えしましたが、「ノンシリコンシャンプーがシリコンシャンプーよりも優れている」「ノンシリコンシャンプーであればなんでも良い」というわけではありません。

自分の髪の状態に合わせてシリコンシャンプーを選んだほうがいい人もいますし、ノンシリコンシャンプーもシリコンの有無だけで判断せずにその他の成分をチェックして決めることが大切です。

またシャンプーだけがノンシリコンの質の悪いものを選んでしまうのもNG。

効果を実感したいなら、正しいノンシリコンシャンプーを選びましょう。

このサイトでは、ノンシリコンシャンプーの選び方のポイントや本当に髪にいいできるノンシリコンシャンプーを厳選して紹介しているので、興味のある方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

-シャンプー情報

Copyright© ノンシリコンシャンプー おすすめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.