シャンプー情報

ノンシリコンシャンプーが合わない?解決できる人と本当に合わない人

更新日:

「ノンシリコンシャンプーが髪の毛に良いと聞いて変えてみたけど合わなかった」

そんな人も多いと思います。

わたしも、以前使ったノンシリコンシャンプーは髪の毛に合わなくてギシギシになってしまった経験があります。

ですが、ノンシリコンシャンプーの選び方や使いかたを気をつけたことで、今ではすっかりノンシリコンシャンプーの愛用者になっています(^^)

この記事では、ノンシリコンシャンプーが合わない原因や本当に合わない人について解説していきます。

ノンシリコンシャンプーが合わない原因は?

  • ノンシリコンだときしむ
  • ノンシリコンだとべたつく
  • ノンシリコンだとゴワゴワ

などなど、ノンシリコンが合わなかったという声もあります。

ですが、本当にノンシリコンシャンプーが合わない場合と、ノンシリコンシャンプーの選び方や洗い方が間違っている場合があります。

きしみやゴワつきは強い洗浄力のせい

シャンプー後にきしんだり、ゴワゴワになってしまうのは、そもそも洗浄力の強いシャンプーを使っていることが原因です。

洗浄力が強いシャンプーを使うと脱脂力が強いので、汚れと一緒に髪の毛の油分もとってしまいます。

これがきしんだりゴワゴワする原因です。

シリコンシャンプーの場合は、シリコンのコーティングで手触りがよくなるのでわかりませんが、実は髪の毛の油分は無くなってしまっています。

洗浄力がアミノ酸+ノンシリコンならゴワつかない

ノンシリコンシャンプーを選ぶなら、まずは洗浄成分をチェックして選びましょう。

アミノ酸系の洗浄成分を選ぶと、必要な髪の毛の油分や頭皮の皮脂を残してくれるので、髪の毛がきしみにくいです。

また、アミノ酸系の洗浄成分でも「ココイルグルタミン酸TEA」など洗浄成分自体に保湿力や補修力があるものを選ぶと、よりしっとり感を得ることができます。

保湿力や補修力が配合されているとなお良し

洗浄成分にプラスして、保湿成分や補修成分が配合されているものを選びましょう。

保湿効果のあるものを選ぶと、シャンプー中の絡まりや仕上がりのしっとり感も満足できますよ(^^)

頭皮のかゆみやべたつきはシャンプーの仕方に問題

ノンシリコンシャンプーを使うとべたつく、皮脂を落とせていないと感じる方もいるようです。

アミノ酸系のノンシリコンシャンプーを選べているのかもしれませんが、アミノ酸のマイルドな洗浄力で皮脂を落としきれていないことが考えられます。

ですが、皮脂を落としたいからといって洗浄力が強いシャンプーを使ってしまっては、落としすぎになってしまい、皮脂が余計に過剰分泌してしまう悪循環になってしまいます。

湯洗いやすすぎに時間をかけること

正しいシャンプーの仕方は、シャンプー前の湯洗いでまずは汚れの大半を落とし、シャンプー後のすすぎも泡で洗っている時間の倍はかけて流すこと。

脱脂力の強い洗浄成分だと、泡立ちもよく泡切れもいいので、シャンプー前後のシャワーで流す時間がほんの少しでも洗えたような感じがします。

ですが、アミノ酸系は洗浄力がマイルドで肌になじみやすい成分なので、低刺激ですが肌に残りやすいという特徴があります。

なので、湯洗いやすすぎをしっかりしないと、汚れを落としきれずにシャンプーが残ってベタつきを感じてしまう原因になってしまいます。

皮脂量が多い場合は2度洗いで調整

「皮脂量が多いからノンシリコンの弱い洗浄力だと落とせない」と感じた方もいるしれませんが、この場合も洗い方で解決できます。

皮脂量が多いと、洗浄力が強いシャンプーを選んでしまいがちですが、あまりよくありません。

洗浄力が強いと必要な皮脂まで落としてしまい、補うために皮脂の過剰分泌をして悪循環になってしまう可能性があります。

強い洗浄力で1回で足りないくらいまで落とすよりも、落としすぎない洗浄力で回数を重ねて調整するほうが、皮脂量の改善には効果的です。

シリコンフリーを使わない方がいい人もいる

選ぶノンシリコンシャンプーや洗い方で解決できる方も多いですが、ノンシリコン自体が合わない髪質の方もいます。

髪の毛がハイダメージ

パーマやブリーチを繰り返して髪の毛の水分がなくハイダメージな方は、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使っても髪の毛がきしんでしまう可能性があります。

ダメージヘアだと髪の毛の油分が少ないので、シリコンで摩擦を軽減したほうが、髪の毛にダメージを与えません。

エクステをしている

エクステも髪の毛の油分がないため、ノンシリコンシャンプーだと絡んだり摩擦を起こしてしまいます。

摩擦や絡みがあると切れやすくなり、エクステの持ちが悪くなってしまいます。

アミノ酸系のシリコン入りシャンプーを選ぶと◎

ダメージヘアだとノンシリコンシャンプーが合いませんが、洗浄力成分が強いシャンプーを使ってダメージを受けるのは防ぎたいですよね。

そこでシリコンインのアミノ酸系シャンプーだと「リマーユヘアシャンプー」があります。

洗浄成分はベタイン系+アミノ酸系ですが、ベタイン系はしっとり感が高いので、保湿感が高く刺激性も少ないので、ダメージヘアの方にぴったりです。

シリコンも配合されているので、低刺激な優しいシャンプーで洗いつつ、シリコンで傷んだ髪の毛を保護できます。

毎日の洗浄力の強いシャンプーはダメージの蓄積につながるので、シリコンシャンプーを使う場合でもリマーユヘアシャンプーのようなアミノ酸系のシャンプーを選べるとダメージケアにも効果的です。

まとめ

ノンシリコンシャンプーの良さは、洗浄力がアミノ酸のシャンプーで発揮されます。

ノンシリコンやシリコンインということが、髪に良い、悪いを決めることではなく、大事なのは洗浄力の成分です。

正しいノンシリコンシャンプーを選んで、正しい使い方をすれば、効果を実感できるということがわたしも実際に使ってみてわかりました。

こちらのページでわたしが使ってよかったノンシリコンシャンプーを厳選して紹介しているので、興味のある方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

関連記事

-シャンプー情報

Copyright© ノンシリコンシャンプー おすすめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.